スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塾に行きたくても行けない人がいるのに…不登校問題

小中併せて9年生は変わらないが、 小学4~5年生の段階で発達上の段差が あるので、 不登校問題の解決にも中学校教員が 関与出来る体制にしたいという。

そして、学力の度合いによって 飛び級や早期終了コースも設置したいという。

また 不登校問題は、学校任せにせず、本人や家族がさまざまな支援組織と連携して当たることが大事といわれてきた。

その組織には、NPO、不登校児を受け入れる民間のフリースクール この後、文科省から不登校問題に関する新たな対応策などは発表されていません。

そして◆『笑う不登校』こどもと楽しむそれぞれの日々 教育史料出版会/笑う不登校編集員会/1680円 学校から自由になって、家庭で育つ子どもとの暮らしは驚きと発見に満ちている! 不登校による”挫折と克服の涙の物語”ではなく 不登校は世界を救う! 不登校問題の解決には 地域交流を活性化し、人と人とが心から触れ合える 社会を構築していくしかないのです。

学歴社会、拝金主義という生き方に不登校は問題提起しているのです。

不登校について話を進めていきましょう。そして よく、不登校問題で 「学校に行きたくないなんて言うな!世の中には、学校に行きたくても行けない人もいるんだぞ!」 というのはよく聞きます。

ですが、今回は学校ではなく、塾に焦点を当てて色々書きます。

スポンサーサイト

<< 味覚の秋到来!気になる厳選グルメ特集!!体臭  【BACK TO HOME】  にきび跡の治療でにきび >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。