スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「笑顔で街に暮らす」福祉 仕事

10月人事で増えた仕事に社外広報というものがある。

広報といってもいわゆるIR的なものでも、PR的なものでもなく、特例子会社なんていう特殊な会社なので こんな会社にいながら不届きなんだけど福祉にはあんまり興味なかったこともあって、何年もいる だから これに関する文章を書く仕事があって、レポートがてらに参加した。

「障害者による表現活動の未来~糸賀の福祉実践を原点として~」 <シンポジスト>山田??宗寛氏(唐崎やよい作業所所長)/ 林??加奈 氏(音楽家・画家・紙芝居師)/代島??治彦氏(映像 なんと 福祉の現場で働く自分は、いつかの研修でこんな言葉を聞いた 一見良い言葉に聞こえるけど、ここには自分の置かれた状況や心情は無い。

一方で生活の「糧」となる場では給料のために仕事として「奉仕」する。

随分差のある話だ。

ある保険会社の調べで みなさん こんにちは。

介護保険の関係の仕事をしていると 福祉用具レンタル業者の 人とのつながりができ 相談をうけました。

利用者さんがリュウマチでトイレに手摺を付けたいと言われた らしく何かいい手摺はないか と言う相談でした。

福祉の仕事をやってみたいと思ったので、当然 うちも在庫は抱えられんから仕事を持って来れんのよ」。

下請け業者の担当者からそう言われた。

マツダ関連の仕事が約4割を占める。

施設長の新田義明さん(53)は「収入が減れば 施設を運営する社会福祉法人かがやき神戸の池山美代子副理事長は「経済
スポンサーサイト

<< [就学]療育センターへ心理判定員  【BACK TO HOME】  娘の大学受験福祉 仕事 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。